筋トレ読み物
名無し@やきうみん
更新日:2020/04/12

マッチョは全力で走ると転ぶので、この筋トレを追加するのだ

スポーツしていないマッチョは走りに弱い

みんながみんなではないですが、この傾向にあると思う。
特に大人になってからマッチョになった場合、走る感覚が全然違うだろう。
上半身が重すぎて転んでしまったり、すぐスタミナ切れになったり。

そんなところなので、走りも鍛えないともったいない。
マッチョだからと強がらず、怖いものからは走って逃げる小鹿になるべし。

1、大人は全力で走ることがほぼない

スポーツをやらない限り、全力で走る機会は運動会以外ないだろう。

歩く・軽く走る・全力で走る、それぞれ使う筋肉が異なります。
だから、ランニングしている人も全力で走ると転ぶ可能性がある。
とにかく、普段から全力で走っていない人は転ぶと考えた方がいい。

だからほんと、大人を全力で走らせちゃダメ絶対
毎年のように誰か転んで骨折してるのだ。マッチョも例外ではない。

全力の場合、つま先で蹴り、足を高く上げ、腕を大きく振る。
全身の筋力を一気に使うため、すぐに筋力・スタミナが限界に達します。
しかし、全速力は脳が緊迫状態になるので、しばらくは限界を感じない。
結果、気持ちはいけるのに途中で足が動かなくなり転倒、と。

20代でも普通に転ぶ。
全速力など子供の特権と思っていいくらいです。

2、全力を意識した筋トレを

次の筋トレを毎日やるとマシです。

1、もも上げ
2、連続背伸び
3、足首で蹴っての速歩き

中でも「もも上げ」が一番大事だと思います。
足が高く上がらなくなることが転倒の原因なので、ここを鍛える。
一般的な筋トレでは全く鍛えない部位なので、マッチョでもきついはず。
左右交互にできるだけ高くもも(膝)を上げます。

「連続背伸び」は、ただ背伸びを繰り返すだけです。
全速力で使うふくらはぎの筋肉を鍛えられます。
ダンベルを持つなどして負荷を上げるとなお良い。
迷惑にならないのであれば、つま先でジャンプしてもOKです。

「足首で蹴っての速歩き」は、つま先で蹴りだすようにして歩く方法。
ふくらはぎ、太もものなど足全体を鍛えることができます。
詳しくは「マッチョよ、なんだその歩き方は!!」にも書いています。

この3つを毎日しておくと、だいぶ転ばなくなります。
自分はこれで運動会を乗り切っていた(昔に転んだから恐怖よほんとうに…

3、走れるマッチョはいいぞ

やっぱり、定期的に全力で走るのが一番。

なかなか全力で走れるところはないのが難点。
公園で全力で走るのもけっこう勇気がいるものです。
マッチョが全力で駆け回ってたら通報されても止む無し。
あんた達すぐ脱ぐし。

大きなグランドや緑地などではそう気にしなくて良いので、
たまには筋トレを止めて走りにいこう。
いざという時、絶対に役立つのが走りです。

縄跳びもなかなか良いと思います。
子供の頃は永遠にできたものですが、大人になると超ハード。
子供と遊んでいると、自分の情けないところに多く気づきます。

いつまでも人間が本来得意なことができるよう、鍛え続けたいものです。

読み物ランダム
プロフィール

管理人:名無し@やきうみん
今は自宅筋トレ民。プロテイン飲まない派。
お酒好きのお気楽です。

当サイトについて

リンク
Copyright (c) 筋トレ読み物 All Rights Reserved.