筋トレ読み物
名無し@やきうみん
更新日:2020/04/16

筋トレが続かない理由は「体力の限界」を経験していないからだと思う

限界まで運動したことが無い人は多いと思う。

スポーツをやっていた人は体力の限界をよくわかっているものですが、
そうでない人は想像もできない未知の領域だろう。
ちょっと息切れしただけで「無理!」と思うに違いない。

筋トレはここが大事なのに、という話し。

1、筋トレとは限界の先を見ることなり

「もう無理」からが勝負なのが筋トレだ。

精神力だけで回数は増えるものです。
そして、その増えた分の回数がとっても大事。
筋肉が激しく疲労して肥大に繋がります。

ランニングもそう。限界を通り越してさらに30分くらい走ると力が付く。
スタミナこそまさに精神力の勝負です。
その精神力の分、鍛えた脚も筋肉痛になってパワーもスタミナも付く(経験談

初めて挑戦する人ができるとは思えない。
だから中途半端な筋トレになって、成果も出ずに止めていくのだ。

自分はここが初心者が筋トレを諦める最大の要因だと思っています。

2、初心者こそコーチを付けるべし

やっぱり、心が弱い人は鬼のコーチが必要だと思う。

馬鹿みたいに鍛えられた人は弱音など吐かずに黙々とやりますが、
ぬくぬくと育った人にそれは不可能に近いだろう。
笑顔で厳しいトレーナーに鍛えてもらわねば。

自分が思っている限界を打ち破らないといけない。
その心のトレーニングこそ、初心者に一番大事なものだと思います。

初心者のぬるい筋トレを見てはがゆい人は多いだろう。
みんな優しく接するけど、内心はボロカス言ってるはず。

3、理論はそれができている前提での話し

マッチョの精神力で語っているので気を付けろ。

筋トレ自体、簡単なものです。
人生で一番きつい運動を日々するだけのことです。
毎日が地獄のトレーニング。

笑顔でそれを「楽しい!」と言うものだから、初心者は勘違いする。
あれ、メッチャ苦しんでる。逃げたい気持ちをこらえてやってる。
マッチョは火事場の馬鹿力を出すかのように筋トレしているのだ。

華やかに見える裏はこんなんなので、初心者は意識を改めよう。
マッチョはみんな変態だから…

そんなあほみたいに鍛えると、1週間で目に見えて筋肉がつきます。
そうなったら楽しくなってくると思う。

最初から厳しすぎるのもどうかと思うけども、
成果の出ないことをずっとやるよりいいいだろう。

この世界の優しさって何だろう?と一度考える必要があると思う。

読み物ランダム
プロフィール

管理人:名無し@やきうみん
今は自宅筋トレ民。プロテイン飲まない派。
お酒好きのお気楽です。

当サイトについて

リンク
Copyright (c) 筋トレ読み物 All Rights Reserved.