筋トレ読み物
名無し@やきうみん
更新日:2020/04/10

筋トレが続かないだと…

ダンベルが泣いてる……… 抱っこしなきゃ!

誰でも一度は止めたことがあるだろう。
ダンベルだけは結構どの家もあるのですが、マッチョは少ない。
くそ、みんな続けていれば… 今頃社会保険料は… くそ…

いろいろ思うところがあるので語りたい。

1、筋トレは成果が見えづらい

初心者が1週間したところで筋肉はあまり実感できないだろう。

「え?あんなに苦しい思いをしたのに!ダンベルの嘘つき!」と。
実際にはちゃんとやれば実感できる筋肉が付くものですが、
最初からちゃんとやれる人などそうそういないものです。

自分は1週間単位で筋肉の成長を感じます。
そら、毎日1時間以上はやってる。追い込む日は2時間やったり。
長すぎるのは低負荷だからですが、低負荷の方が楽しいからいいの。
お酒飲む分ダイエットをゴホンゴホン

ほとんどの人は「30回やって終わり」という程度だろう。
「目標は1日100回!」ってなんだ少なすぎるわ。
ダメだ。筋トレはそんなんじゃない。限界を何セットもやるのだ。

ちゃんとやれば絶対に成果は出る。

2、そもそも辛すぎる

筋トレは罰ゲームにもなるほど辛いものです。

こんな辛いことはそうそう続かない。
スポーツ経験者は変態だから最初から楽しいものの、未経験者は地獄のような時間だろう。
だんだん腰が重くなり、ダンベルは押入れの中へ…
ほんとこれ、国勢調査してほしい。

自分の意志で続けられる人は本当に少ないと思います。
目指すべき姿がないとほぼ無理と言える。
男はマッチョに惚れないといけない。

ダイエットとか、そんな程度の妄想じゃダメだ。

3、情報が多すぎる

情報が筋トレを難しくしすぎている。

筋トレの本はたくさんありますが、90%くらい無駄な情報だと感じます。
筋トレなど本来、「しっかり食事して、3日に1回は限界まで鍛えろ」で終わるのだ。
それが100種類くらい筋トレ方法が書いてあって、理論たくさんうんざり。

ネットは広告収入目当てでプロテインプロテインやし、
なんか難しいこと言って結局勧誘やし、と。

騙されるな。ダンベルとチューブがあれば細マッチョにはなれる。
ジムもプロテインも不要。ただ便利なだけだ。

本当に必要なのは努力のみ。

4、そうだからこそ

続かないのはごく自然なことなので責めることはない。
何度でもやり直せば良い。いつか燃える。

こういう自分も一度は完全に止めています。
カッコイイマッチョを目指していたものの、そこまで熱意が無かったのだ。
でも、それが今は再燃。ナイスマッチョになりたい。

今もずっと続いているのは、明確な目標ができたからだと思います。
やはり、筋トレを続けるためには理想のマッチョ像が必要だ。

あと、再燃したのは、常に部屋にダンベルがあったおかげだと思います。
ふと筋トレしたくなった時、埃をかぶったダンベルちゃんが目に。
優しく拭いて、うぉぉぉぉ!ビュンビュン(理想) ぐぬぬ(現実)

うん、止めてもいい。
でも、ダンベルちゃんといっしょに過ごそう。
筋トレお兄さんからのお願いだ。

少しマッチョになる程度の筋トレは簡単です。
馬鹿みたいに努力すれば必ず結果が出る。
しかし逆に、馬鹿みたいに努力しないと結果が出ない。

結局のところ、筋トレは続けるものではなくて「習慣にするもの」です。
止めると筋肉は落ちて振り出しに戻るので、「止める」という選択肢は一生無い。
死ぬまでダンベルと付き合う覚悟はあるか?だ。

よし!ではダンベルに名前を付けることからもう一度始めよう。

読み物ランダム
プロフィール

管理人:名無し@やきうみん
今は自宅筋トレ民。プロテイン飲まない派。
お酒好きのお気楽です。

当サイトについて

リンク
Copyright (c) 筋トレ読み物 All Rights Reserved.